えつこの部屋 in FFXI

りば鯖でてれてれプレイしてます。そのプレイ日記とまではいきません。まあ、メモ・備忘録みたいなもんです

 Title → スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

 Title → ちゅうだんのおしらせ

2013/08/16(金) 10:06:39
ブログ1年近くもほっておいたのにあれですが、今月を持ってひとまずFFXIをやめることにしました。まあ、自動引き落としの更新を止めただけなので再開はいつでもできますが。

ぶっちゃけ、アドゥリンが出るまではジリ貧とはいいながら、細々と続けていくくらいのモチベーションはあったのね。アドゥリンを入れてからもしばらくは探索したりクエやったりとかしてたんだけど、新ジョブを取りに行こうかというあたりから何故か気持ちが乗らなくなり、気がつくとログインどころかPOLを立ち上げてすらいない日々がここ3カ月。なんか、再開しようかという気力もわかないのでとりあえずこのまま課金支払停止することにしました。

ということで、このブログも書くことあんまなくなったので(もともとないが)しばらくはほぼ停止状態になると思います。まーもう読んでくれてる人もいないだろうけど、長い間ありがとうございました。
スポンサーサイト
 テーマ : FINALFANTASY XI / ジャンル : オンラインゲーム
諸々 | TB : 0 | CM : 0 |

 Title → チョコ掘本編

2012/09/19(水) 01:27:16
ということで、確率論本編w

ちょこ掘の場合は、試行回数 $n$ ではなくて成功回数 $m$ の方が固定されていると考えるべきなので、通常の二項分布とは逆になる。$n$ 回目の試行でちょうど $m$回目が成功する確率を $P(n,m)$とすると、$n-1$ 回目までに $m-1$ 回成功している確率に成功確率をかけたものになるから
\[
P(n,m)= p \cdot {_{n-1}C_{m-1}} p^{m-1} q^{n-m} = {_{n-1}C_{m-1}} p^m q^{n-m}
\]となる。$m$ を固定して考えるから、指標として動くのは試行回数 $n$ でありこれは $n=m$ から $n=\infty$ まで動く。したがってこの場合期待値は
\[
\mu(X)= \sum_{n=m}^{\infty} X P(n,m) =\sum_{n=m}^{\infty} X \cdot {_{n-1}C_{m-1}} p^m q^{n-m}
\]とあらわされる。定義より $0 \lt n \lt m$ で $P(n,m)=0$ だから、この部分は実質的に寄与しないので、$k$を$0 \lt k \lt m$ を満たす任意の整数として、形式的に総和の範囲を拡張して$n=k$ から $n=\infty$ の和をとると考えてもかまわない。さて、総和の中で $m$ は定数であることを考えると
\[
\mu(X) = \frac{1}{(m-1)!}\left(\frac{p}{q}\right)^m \nu(X)\]とも書ける。ここで
\[
\nu(X)=\sum_{n=m}^{\infty} X \frac{(n-1)!}{(n-m)!} q^n
\]である。
確率の保存則は
\[
\nu(1)=\sum_{n=m}^{\infty} \frac{(n-1)!}{(n-m)!} q^n
\]が分かればよい。ここで
\[
\frac{(n-1)!}{(n-m)!}q^n = q^m \left(\frac{\partial}{\partial q}\right)^{m-1} q^{n-1}
\]であるから
\[
\nu(1) = q^m \left(\frac{\partial}{\partial q}\right)^{m-1} \sum_{n=m}^{\infty} q^{n-1}
\]となる。総和の下限を拡張して$n=1$からとるものとすると
\[
\sum_{n=1}^{\infty} q^{n-1} = \frac{1}{1-q}
\]となり
\[
\left(\frac{\partial}{\partial q}\right)^{m-1}\frac{1}{1-q}= \frac{(m-1)!}{(1-q)^m}
\]であるので、結局
\[
\mu(1) = \frac{1}{(m-1)!} \left(\frac{p}{q}\right)^m q^m \frac{(m-1)!}{(1-q)^m} =1
\]となって保存則を示すことができる。
試行回数 $n$ の期待値も同様に求められる。
\[
\nu(n) =\sum_{n=m}^{\infty} n \frac{(n-1)!}{(n-m)!} q^n =
\sum_{n=m}^{\infty} \frac{n!}{(n-m)!} q^n
\] で
\[
\frac{n!}{(n-m)!} q^n = q^m \left(\frac{\partial}{\partial q}\right)^m q^n
\]より
\[
\nu(n) =q^m \left(\frac{\partial}{\partial q}\right)^m \sum_{n=m}^{\infty} q^n
\]ここで$m \gt 0$ であり $n=0$ の項が定数になることを考えると総和の下限は $n=1$ ではなく $n=0$ までとることができて$\nu(1)$ と同様にして
\[
\nu(n) = q^m \left(\frac{\partial}{\partial q}\right)^m \frac{1}{1-q} = q^m \frac{m!}{(1-q)^{m+1}}
\]であるから、
\[
\mu(n) = \frac{1}{(m-1)!} \left(\frac{p}{q}\right)^m q^m \frac{m!}{(1-q)^{m+1}}
= \frac{m}{p}
\]となることがわかる。つまり試行回数の期待値は成功回数を成功確率で割ったものになる。これは逆に試行回数に成功確率を掛けたものが成功回数になるということを考えれば当然である。
試行回数の分散は
\[
\sigma^2(n)=\mu(n^2)-(\mu(n))^2 = \mu(n(n+1))-\mu(n)-\mu(n))^2 =
\mu(n(n+1))-\frac{m}{p}\left( 1+ \frac{m}{p} \right)
\]とすると$\nu(n(n+1))$の和の中の項は
\[
n(n+1)\frac{(n-1)!}{(n-m)!}q^n = \frac{(n+1)!}{(n-m)!}=
q^m \left( \frac{\partial}{\partial q} \right)^{m+1} q^{n+1}
\]となる。$m+1 \gt 1$であることを考慮すると総和は$n=-1$からとってもかまわないので
\[
\nu(n(n+1))= q^m \left( \frac{\partial}{\partial q} \right)^{m+1} \frac{1}{1-q}
= q^m \frac{(m+1)!}{(1-q)^{m+2}}
\]となるから
\[
\mu(n(n+1) =\frac{1}{(m-1)!} \left(\frac{p}{q}\right)^m q^m \frac{(m+1)!}{(1-q)^{m+2}}
= \frac{m(m+1)}{p^2}
\]であることがわかる。したがって試行回数の分散は
\[
\sigma^2(n)=\frac{m(m+1)}{p^2}-\frac{m}{p}\left( 1+ \frac{m}{p} \right)
=\frac{m(m+1)-m(p+m)}{p^2}=\frac{mq}{p^2}
\]となることがわかる。

これをちょこぼ掘に当てはめてみる。成功回数は1日100で打ち止め。ほれる確率は師範でも $p=0.5$ 程度。なので、試行回数の期待値は 200, 分散は $p=q$ では $m/p$ で試行回数の期待値と同じく 200 になる。つまり、$200 \pm 10 \sqrt{2} $ 程度になるということが示される。

ふう、とりあえずやっと一区切り。余裕があったら青服の効果も入れた計算をしてみるつもり。
 テーマ : FINALFANTASY XI / ジャンル : オンラインゲーム
確率とか? | TB : 0 | CM : 0 |

 Title → チョコ堀ってどんだけ(もう死語)

2012/09/18(火) 21:24:09
掘れるものやら、あらためて考えることにした。
って1年ぶりですがな。まあ、ほかにやってないしな。

基本的な考えは、システム的には多分1回掘ることの成功率を決めてやってそうだからそれをもとに何回掘ったらいくつ掘れるかみたいなのを計算してみようということ。で、実はこの考え方はHQの成功率とかの計算でも使っていて、二項分布というのが肝になる。その時は結果しか使わなかったけど、今回ちょっといろいろ計算することになりそうなのでまずはその復習から。

用語
あるできごとが指標 $k$ (1つとは限らないけどとりあえずここでは1つにしとく)で指定できて、それが起こる確率を $P_k$ とする。また、指標 $k$ が決まればそれに応じて決まる量を $X_k$ と書く(文脈上 $k$ を省略することもある)。確率の性質から、
\[
\sum_k P_k = 1
\]$X$ の平均(期待)値を $\mu(X)$ と書くと
\[
\mu(X) = \sum_k X_k P_k
\]になる。さらに $X$ の分散(標準偏差の平方)を $\sigma^2(X)$ と書くと、
\[
\sigma^2(X) =\mu((X-\mu(x))^2) = \mu(X^2)-(\mu(X))^2
\]となることがわかる。この記法をつかえば確率の保存則は $\mu(1)=1$ とも書ける。
さて、1回の試行で成功する確率が $p$ の出来事があるとき、これを $n$ 回繰り返したときに $m$ 回成功する確率P(n,m)は
\[
P(n,m) = {_nC_m} p^m q^{n-m}
\]という二項分布で与えられる。ここで $q = 1-p$ は1回の試行で失敗する確率、$_nC_m$ $n$ 個から $m$ 個をとる組み合わせの数で二項係数ともいい、階乗!を $n! = n(n-1)・\cdots・2・1$ として
\[
_nC_m = \frac{n!}{m!(n-m)!}\] である。なんで二項係数なんていうかというと、二項式(普通こういう言い方はあまりしないけど)$x+y$ の $n$ 乗を展開するときに出てくる係数だから。つまり
\[
(x+y)^n = \sum_k {_nC_k x^k y^{n-k}}
\]となることによる。で、この関係は後で使う。

試行回数を固定して考えたとき
普通、二項分布というときは試行回数 $n$ は固定して成功回数 $m$ がいくつになるかを問題にする。HQ成功率などはそのよい例。そのときは指標として成功回数$m$ を考えればよく、この取りうる値はすべて失敗の0から、全て成功の $n$ までを考えればよい。つまり
\[
\mu(X) = \sum_{m=0}^n X _nC_m p^m q^{n-m}
\]で、和は 0 から n までとることになる。当然
\[
\mu(1)=(p+q)^n=1
\]は成り立つ。成功回数 $m$ の期待値は
\[
\mu(m) = \sum_{m=0}^n m _nC_m p^m q^{n-m}
\]であるが、
\[
m p^m =p \frac{\partial}{\partial p}p^m
\]を用いれば
\[
\mu(m) = p \frac{\partial}{\partial p}\mu(1) =p \frac{\partial}{\partial p}(p+q)^n
= pn(p+q)^{n-1} = pn
\]となる。成功回数の分散は
\[
\sigma^2(m)=\mu(m^2)-(\mu(m))^2 = \mu(m(m-1))+\mu(m)-p^2n^2=\mu(m(m-1))+(1-pn)pn
\]であるが
\[
m(m-1)p^m = p^2 \frac{\partial^2}{\partial p^2}p^m
\]を用いれば
\[
\mu(m(m-1))= p^2 \frac{\partial^2}{\partial p^2}\mu(1) =
p^2 \frac{\partial^2}{\partial p^2}(p+q)^n = p^2 n(n-1) (p+q)^n-2 = p^2 n(n-1)
\]であるから、結局
\[
\sigma^2(m)= p^2 n(n-1) - p^2 n^2 + pn = np(1-p) =npq
\]となることがわかる。








 テーマ : FINALFANTASY XI / ジャンル : オンラインゲーム
確率とか? | TB : 0 | CM : 0 |

 Title → リアルでもヴァナでもいろいろありすぎて

2011/11/11(金) 02:37:01
気がつけば(おせーよ)1年以上もぶろぐほったらかしになってしまいました。FFXIやめたわけではなくメイジャンなどやってたりするのですが、悪い癖でひと段落するまでまとめる気が起きないため、伸びに伸びて教になってしまったわけですw。

メイジャン(迷雀?)といっても、相変わらずアビセア入れていないので出来ることに限りがあります。っても基本ソロだからあんまかわんなかったりするのですがw。ということでまずは迷雀のおさらいから。

メイジャンの試練
 ルルデの庭(マートの反対側)にいるメイジャンモーグリから受けるクエストの総称。LV75以上が対象。分類の仕方にはいくつかありますが、武器、防具、生活スキル、冒険スキルの4つに分けるのが今のところは妥当のようです。防具はエンピリアン装束でまあアビセアのAFみたいなもの、生活スキルはジョブエモーション取得、冒険スキルはフェローのLv70以上での限界解除が該当します。

で、ここんとこやってたのは武器のメイジャン。試練の流れは、まずモーグリに対象となる武器をトレードして可能な試練を選択して刻印を入れてもらう。その試練の条件に従って、モンスを倒したり、WSをブチ込んだり、アイテムを集めたりとかやって条件をクリアした後、モーグリに武器を再度トレードすると、武器の性能が変化する。これを延々と繰り返す。まあ、かつての潜在はずしをややこしくしたようなものですな。

武器メイジャンはコースがいろいろ細かく分かれているのだけれど、元になる武器の入手方法でまず2つに分類できて、1つはメイジャンモーグリのそばにある箱からタダでもらえるもの(一般人も可)、もう一つはレリックやミシック(廃人様御用達)。箱からもらえるメイジャン武器も鍛え方ではレリック・ミシックなみになるのがあって出来たものをエンピリアン武器とかいうのだけれど(それもさらに鍛えられる)、どうせ廃仕様なのであまり深くは考えない。ということで、考えるのはただでもらえるメイジャン武器。

メイジャン武器は種類によって装備できるジョブが決まっています。格闘(モか)、短剣(シ吟踊)、片手剣(赤ナ青)、両手剣(ナ暗)、片手斧(戦獣)、両手斧(戦)、鎌(暗)、槍(竜)、片手刀(忍)、両手刀(侍)、片手棍(白)、両手棍(白黒赤吟召学もしくは黒召学)、弓(狩)、射撃(狩コ)、楽器(吟)。さらに、装備レベルは75以上、鍛えるに従って上がっていきます。まーこの時点でトライできるのは、格闘(モ)、短剣(シ)、片手棍(白)、両手棍(白)に限定。

さらに、楽器以外は派生系統がほぼ共通で決まっています。まあ、楽器は直接攻撃するわけじゃないので以下の分類には当てはまらないってのもあるし、そもそもエンピリアン(入手はクルオ引き換え)だけだし。で派生系統は基本5コース(両手棍はちょっと例外)で武器の名前もそれに応じて変わります。

最初の段階は2種類で箱から取り出すときから別の名前です。うち1つはWS強化コースで、鍛え方によって最終的に、WSダメージアップ、TPボーナス100、ストアTP増加の3種類になります。ただし武器の名前は同じでエクレアなので最終形態3つをそろえることは多分できませんw。試練の内容は指定された種族に指定されたWSを指定回数打つというのが基本になりますが、WSダメージルートでは止めを刺すこと、TPボーナスルートは指定以上のダメージを与えることも条件になります。ストアTPはWSを打つだけでいいけど、数が800とかになりますw。

もう一つの武器は残りのコースに派生します。まず、最初の試練で属性コースとそれ以外に分岐します。属性コースは指定された天候・曜日に指定された種族を倒すというのが基本で、天候時には5でカウントされます。最終形態の武器にはEXしかついてないのでいくらでも作ることができますw。いくつかの試練をこなしたのちにそれぞれの属性の天候・曜日のときに指定された種類を倒すことで武器を鍛えることになります。まず、すべての武器で、属性に応じてステータスアップできるルートがあり、
火:STR,攻、風:AGI,回避、雷:DEX,命中、光:CHR,魔回避、氷:INT,魔攻、土:VIT,ダメ減、水:MND,魔防、闇:MP,魔命
がそれぞれつきます。弓術、射撃はこのルートのみです。ただし攻、命中はそれぞれ飛攻、飛命になります。それ以外の武器はこのルートに加えて追加効果がつくルートがあり、試練の内容は追加効果(初期のみ属性ダメージ)を発動させることになります。つまり、
火:攻撃、風:回避、雷:命中、光:魔回避、氷:魔攻、土:防御、水:魔防、闇:魔命
を、それぞれダウンさせる追加効果がつくようになります。ほとんどの武器はこの2種類のルートですが、ペットジョブが装備できる、片手斧、両手槍、両手棍にはさらにペット強化ルートがあり、ペットで止めを刺す試練によって、ペットの
火:攻,飛攻、風:回避、雷:命中,飛命、光:魔回避、氷:魔攻、土:ダメ減、水:魔防、闇:魔命
が、それぞれアップするようになります。で、さらに両手棍には、属性アフィニティがつくルートがそれぞれの属性について存在して、武器の名称もそれぞれの属性に応じて変わります。基本的にアフィニティの最終パターンは、魔命+1,魔攻+,詠唱短がつくもの、魔命+,魔攻+1,再詠唱短がつくもの、召喚維持-,再履行-がつくものの3種類ですが、光だけは例外的にケアル回復量+のルートが存在します。

残りのコースは武器の性能を上げるコースです。このコースの最初の試練のいくつかはかったるいNM狩りになります。その後、エンピリアンWSが打てるようになるコースと複数回攻撃武器コースに分岐します。WSコースはさらに2つに分岐します。1つはエンピリアン武器を作るコースでD値も大きく最終的にはアフターマスがつきます。もう一つもD値は大きめですがそれ以外にはWSが使えるようになるだけですw。複数回攻撃コースは最終的に3つのルートに分かれます。まず、D値大きめで時々2回攻撃(強複数回)のルートが分岐します。のこりは、さらに分かれて、Dは上がらないものの最終的に時々2-4回攻撃(弱複数回)になるものと、D大き目でダブルアタック+がつくものになります。

んで、これらのコースのうち、WS,属性コースとと弱複数回のルートはアビセアは必要ないっぽい。もちろん討伐種族によってはアビセアのほうが楽にできるというのはあるらしいけど。エンピリアン2コースと、強複数回、DA+のルートでは、アビセアNM狩りと、アビセアのEXドロップ品があるのでアビセア必須。

なので、アビセアなしの私としては、格闘、短剣、片手棍のWS、属性、弱複数回コースと両手棍の属性コースがメイジャンの対象となるわけです。両手棍は属性コース以外はなぜかジョブが黒召学なので無理w。

ということで、前置きはこのくらいに。
 テーマ : FINALFANTASY XI / ジャンル : オンラインゲーム
迷雀 | TB : 0 | CM : 0 |

 Title → 多分超えられなさそうな壁

2010/08/06(金) 22:51:44
が、そろそろ近づいてきました。四苦八苦の末、5章を何とか乗り切りそのまま6章に

第六章 時過ぎて鳴り響く

<う>歌うは誰がため: ジュノをうろついてイベント

<ゐ>ゐぬる場所
 ミザレオ海岸の隅っこで、お初のNM3体との対決。調べてもあまり話題には上がってないんだけど、てこずるわけではないにしても雑魚というほどでもないらしい。まあ、フェローでもつれてけばなんとかなるべといい加減にやったら、初回ぬっころされましたw。
 敗因は基本的にはなめたらあかんってことだけど、直接的には沸かした直後の幅の狭い通路でやって、ノックバック技で位置取り混乱させられてあたふたしたこと。ということで、気合い入れなおして再挑戦でまあ、あぶなげなくやっつけました(フェロー込みだけどなw)。そいえば、ここまでBFでないNM戦であまりフェローを使おうって考えてなかったな。デルクフのロボで負けた時も思いつかなかったしって、まあこれはフェローの戦力増えたくらいじゃガチでは勝ち目なさそうってのがハナから見えてたからだけど。それ以外はフェロなくても済んじゃったしね。

<の>望むはあらゆる答え: ジュノだのセルビナだのでイベント

で、ここで止まってます。次は

<お>畏れよ我を

ですが、調べれば調べるほど、いまの私の力でソロクリアできるとはとてもじゃないが思えない。ってか、2,3人とかでもかなりきついんじゃないだろか。まあ、何回かは試しに特攻してみる心算ではいるけど。
ということで、「ぷろましあみっしょん ひとりでできるもん」は6章途中にてあえなく断念となりました。

で、とりあえずソロでの総括をしてみます。モシ白76前提ですw。

1章 3国プロミヴォン 楽勝
2章 <隔たれし信仰> ミノタウルス:モータルレイだけ注意。スイッチ:曜日選べばソロでもOK
   <誓いの雄たけび> マメットBF: なぐるなら物理吸収注意。
3章 <累家の末裔> モルボル: 手数百烈並みもすかすか
   <をかしき再開> アントリオン: 足止めできれば余裕。
   <神を名乗りて> ディアボロスBF: ナイトメア対策。
4章 <猛きものたちよ> オウリュウBF: 雲消霧散石は必要。うまければ1回でw。
   <礼拝の意味> コース、お化け: そんなに問題なし。 かぎあけはソロ不可能w。
5章 <鍔音やむことなく> ゴーレム: 火力必要。
   <願わくば闇よ> 個別3国ヴォンNM:余裕。 3匹BF: 順番に注意。インペールメントが怖い。
   <なにゆえその子は> モブBF: 蝉を維持してある程度回復できれば余裕かも
   <螺旋> ガーゴイル最大16連戦: それぞれは余裕、かったるいだけw。
   <礼賛者> ロボットNM: とにかく最初が固い。マラソン+スリップないとソロはきつい。
   <向かい風> 3姉妹BF: 寝かしなくてもなんとか。順番は慎重に。
   <迎え火> スノールBF: とにかく火力。多分運w。攻撃耐えられるなら塩大量でいけるかも。

あくまで主観。まーここまででもソロでやってる人の大概は赤メインだし(あ、獣の人もいたかも)。寝かしとかで個別撃破できたりストスキで攻撃しのげたりできるのは大きいなとそうでないジョブでやってみて思うのは確か。ま、へたれ装備のへたれジョブでも運が良ければここまでソロで来れるということで。
 テーマ : FINALFANTASY XI / ジャンル : オンラインゲーム
諸々 | TB : 0 | CM : 0 |

HOMENEXT
Copyright © 2017 えつこの部屋 in FFXI, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。